吾輩は猫オヤジである

セカンドライフや日頃の感じた出来事を掲載

人事部から見た人事考課の考え方

季賞与の人事考課の時期です。


サラリーマンにとっては気になる季節です。


ボーナスについては少ないより少しでも


多い方がいいと誰もが思うものです。


会社の賞与の支給については概ね支給総額を


決定しそれをどう分配するかを人事考課に


より決めています。


完全成果主義の会社以外は。。。



しかし、自分は成果を上げていて自己評価より


会社の評価の方が悪い時があり不満の残ること


があると思います。


の一つの要因としては会社は


個々の成果を出してほしいと言いつつも


それと同時にいやそれ以上に


協調性や社内の結束を求めています。


会社は実績を競争する場ではなく個人の力を


集めて組織として機能していくことなので。。


ある意味組織の論理がわかれば


自分の会社内での頑張り方や納得感も出るのでは


ないでしょうか。